auientの日常

ノンジャンルで書きたいことを書くブログ

自分の見た客先常駐

はてブで人月い件が話題になってたので、自分のケースを書いてみようと思う。

anond.hatelabo.jp

www.orangeitems.com

ossan.hatenablog.com

軽く自己紹介しておくと、自分は大手メーカー系の子孫会社SIerで10年ほど泥仕事をしていた人間である。請負に準委任、派遣、自社案件、なんでもござれ。ただし最後の常駐先ガチャで安定してよい仕事をできるところを引き、スキルを積んだ結果去年web屋に転職した。そういう意味では常駐肯定派、強いSEの一部である。

その話はさておき。

SESの実態についての肌感

当時の会社のポジションは概ね2次〜3次受けで、自分は係長(リーダー)クラスになっていたので、上の会社とも下の会社とも話す立場であった。その感覚から言うと元増田もid:orangeitems氏もid:dbfireball氏もみんなそれぞれ自分の経験に正直に書いているんだなあと思う。少なくとも嘘はないんじゃないかな。元増田は下流の方、orangeitems氏は上の方だなというのはあるけど。*1

一概に「仕事とはなんであるか」を言えないように、SESという形態をとってみてもピンからキリまである。アタリもハズレもある。その中で、まあ一般論として言えるかな、という話をいくつかあげてみよう。

受託開発なら法律は知っておけ

自分の会社はそれなりのブランド看板を背負ってたのでコンプラには相当厳しかった。おかげで労働関係の法律についての教育を受ける機会が度々あり、ちゃんとした知識を得られた。ちっちゃい会社で社長が営業して仕事ぶん回してるところじゃこうは行かないだろう。

受託開発するもの、法律を知るべきである。なぜか。それが法律だからである。自分の立ち位置を決めるものだからである。少なくとも請負・準委任・派遣の違いを把握することは最低限のラインだと言える。

明確な違いポイントの1つに「直接指揮命令するか」というのがある。SESで客先で仕事してるとき、アホな客がカジュアルに作業指示出してくるケースがあり「あっこれ指揮命令かな?」と思ったりする。違法か適法かの境目なんて案外そんなもんだったりする。

上下の会社と関係を良好に保ち売上に責任を持つ立場としては些細なことでいちいち波風を立てないが、末端で作業している諸君。君が今日受けた作業指示は違法かも知れないんだぞ。それがまず分かるようになれ。

ちゃんと調べていくと派遣法まわりはマジで頭のおかしい法律だというのがよく分かる。自分はずっと気になっているんだが、「労働契約申込みみなし制度*2」って誰か有効活用した人いるんですかね? 事例があったらぜひ教えてほしい。

受託開発なら自分の単価は把握しておけ

ITエンジニアは技術を磨いてなんぼ、という風潮がある*3。それはそれでいいんだが、受託開発している諸君。君らのスキルは、君の1人月に金を出す客がいないと1円の金にもならないことを理解しているか? ビジネスモデルを説明できるか?

今までに「面談」した多くのエンジニアは、自分の単価に興味を持つ人がとても少なかった。上司や営業の方針で単価を教えてないケースもあるだろう。だがあえて聞いてみてほしい。「自分の単価っていくらなんすかねえ?」と。

単価は=自分の評価額であり、自分が働いて出すべき価値の指標になる。そして何より、単価以上の給料・ボーナスがもらえることは絶対にないのである。受託で儲けようとすると、自分以下の人間(自社・他社問わず)をまとめてどーんと売上を上げて行く必要があるが*4、そういう一歩進んだポジションも担えますよ?というアピールにもなる。1人月しか売上を上げられない人間と、部下4人つけて5人月いける人間では、当然後者の方が上司の評価も給料も良くなるものだ。

ちなみにミルフィーユのような多重下請け構造の中にいると、自分より上の会社の単価は(普通は)知ることができない。もし何かの拍子に知ったとしたら、驚き、怒りを覚えるだろう。マージン抜いた会社は、少なくともマージン分は何かしら価値を提供して然るべきであるが、不思議なことに一人の担当者も置かずマージンだけ吸い取る会社がある。こういう会社を避けるためにミルフィーユはできるだけ薄い方が良いだろう。とはいえ、ミルフィーユの厚さを事前に測る方法はほぼないのであるが。

なぜSESが必要とされるのか

ここまでSESでの受託開発について書いてきた。リアル10年泥をやってみて感じるのは、「なぜこのような形態の仕事が必要とされているのだろうか?」という疑問だ。

自分の理解では「日本の解雇規制が強すぎて正社員だけでは需要の伸び縮みに対応できないから」という理由が一番説得力を持っている。システム開発の仕事は、そもそもがプロジェクト型(1回っきり)のケースが多く、需要に波がある*5。これを正社員で賄おうとすると、閑散期に社員を解雇できないので固定費の負担が重くなりすぎる。EC2のインスタンスが遊んでたら落とすの当たり前だよね?それができないとどうなる?

このポジションを埋めるのが本来は派遣の役割だったのかもしれないが、やっぱり正社員信仰のせいか政治的な問題が強すぎて、使役側からすると非常に使い勝手の悪い制度になっている。5年ルールとか、労務管理義務とか。

そこで都合の悪い現実への適応として選択されているのがSESなのではないだろうか。だから、実際は商流無視して指揮命令が横行して実質派遣じゃん、みたいなことになる。それは求められているのが「指揮命令可能・労務管理不要・需要の変化にフィットする、派遣」だからじゃないだろうか。

じゃあどうしたらいいの論でいえば、解雇規制撤廃すればーという話になるが、それも一概に良いと言えない。だって単に廃止するだけじゃ経営側が強くなりすぎるから。あってもいいかなーと思うケースは、年金など社会保障制度改革でBI導入するのと同時に規制緩和するやつ。ただ、クソ自民は論外として枝野にもできると思えない。

どうにかなんないですかね。

まとめ

自分の感覚に基づいた根拠レスな記事を書いた。とはいえ法律は根拠がある。みんな法律と単価を知ろう。きっとそれが自立につながるはずだ。

あと、理不尽に見える現状にもそれに至る理由があるだ。ビジネスの形であったり、法体系であったり。それを考えていく必要があると思う。

参考:過去に書いた人月い話

 

*1:境遇、誤字が多くて気にしない風の増田。派遣法の教育をちゃんと受けてるorangeitems氏、あたりから読み取れる

*2:違法派遣状態になると問答無用で正社員入社できるというすごいルール。ググると邪悪企業パソナのページがtop hitなのでリンクしない

*3: はてなブックマーク - ITエンジニア採用に欠かせない原則とは (1/5):IT人材ラボ

*4:ちなみにこのポジションの人間を奴隷頭という。自分も奴隷頭だった

*5:そんなことはない、継続して改善していくものだというイケイケweb屋のあなた。世の中を見渡してください

父親の死に際して思ったこと/分かったこと

  • 人は、何が原因であれ、ものを食べられないと死ぬということ。
  • 生活することを指して「食べていく」というが、それは文字通りなんの修飾もなく事実であること。
  • 数年前に祖父が亡くなったとき、水が飲めなくなって3日で少しむくんでいた体がすっきりと乾くようにして逝った。父は点滴を入れていたので1ヶ月以上持ち、全身の肉をすべて栄養に変えて命をつないでいるようだった。食べられなくなるということは、そういうことであるということ。
  • 回復を諦めて約1ヶ月ベットの上で過ごしたことは、父にとって辛いことだったかもしれないが、家族にとっては十分な別れの時間であったこと。
  • 延命治療を拒否することは、父にとって生きることを諦めることではなかったということ。父はトンカツを食べたがったり、リハビリしたがったり、家に帰りたがったりして、とにかく諦めが悪かったということ。
  • 叶わないのは分かってはいたが、トンカツを食べさせてあげたかったこと。家に帰してあげたかったこと。叶わないから泣くほどに悲しかったこと。
  • 字が書けず喋れなくなっても、耳が聞こえて顎を動かせれば意思疎通は図れること。オープン質問は難しいがクローズ質問はできること。それによって意識がはっきりしていることが分かること。
  • 臨終の際にあっても父の意識はしっかりしていたこと。母を愛しており、孫がかわいいと父が意思表示したこと。私は父の子でよかったと思い、それを伝えられたこと。
  • 父の最期を見届け、人が死ぬ瞬間をつぶさに観察する機会を得たことは、運がよかったということ。

----

  • 葬儀屋は24時間営業であること。火葬場ではチップに領収書がもらえること。
  • 戒名料を明記しておくことは遺族にとって大変ありがたいということ。寺にはさっさと金を渡すべきということ。
  • 日常のふとした瞬間に死を感じること。ホワイトボードに書かれた予定表の名前に、玄関に置かれたままの革靴に、メールの差出人のアイコン画像に、喪失感を感じること。
  • 4.5歳児でも人の死を深く理解するということ。2.5歳児には分からないということ。
  • 我々は残されたというか、「我々は未だいる」という感覚が正しい。我々は生きていかなければならないということ。

自分が臓器提供しない理由

自分に大した価値なんてないと思っていたし、気持ちの上では合理主義者だったので、自分がもし死んだときには体をバラバラにして内臓をあますところなく活用するのがよい、というかそうしなければいけない、それくらいしか自分が社会に貢献することはできない。と思っていた。

考えが変わったのは結婚して、妻に臓器提供希望を嫌がられたとき。どうして?と理由を尋ねたところこう教えてくれた。

「だって、もし不慮の事故であなたが死んだとしたら、悲しみにくれる暇もなく人がやってきてあなたの体に傷をつけるんでしょう。ただでさえ悲しいのに・・・」

なるほど、確かにそうだと思った。自分が死んだときの妻の衝撃たるや推して知るべし。社会の役に立つことは良いことだとはいえ、名も知らぬ誰かより妻の方が圧倒的に大事だ。仮に第三者の命を救えるとしても、妻の悲しみを少しでも和らげることの方が自分にとっては価値がある。

子供がいる今、社会にとって自分に価値があるかどうかはともかくとして、子供にとって自分が必要な人間であることは確実になった。自分は子供にメシを食わせなくてはいけないし、一人で生きていけるようになるまで色んなことを教えてあげなければいけない。

誕生日を迎え、新しい免許証の裏の臓器提供意思表示に○と署名を書き入れて、改めて「家族を大事にしよう」と思った。

f:id:auient:20171128232703j:plain

【読書】Blameアンソロジー、子どもたちの階級闘争、われはロボット、世界システム論講義

通勤経路が変わり電車に乗っている時間が短くなったなった今日この頃。

 

BLAME! THE ANTHOLOGY (ハヤカワ文庫JA)

電子書籍で。おもしろかった。破綻円盤 - Disc Crash -(小川一水)が特にいいのと、射線(飛浩隆)がぶっ飛び過ぎてたのが印象に残る。

 

子どもたちの階級闘争――ブロークン・ブリテンの無料託児所から

ネットでもよく記事を見るライター、ブレイディみかこさんの著作。とてもおもしろい。強烈というか骨太というか、迫力に満ちた本だった。一気読み。反緊縮という点で一貫していて、説得力がある。

 

われはロボット〔決定版〕

電子書籍で。読みきったと思ったらまだ途中だった。やはり物理媒体がないため読んでる感がなく慣れなさがある。内容はさすが名著と言われるやつで、よく話が練ってあるなと思う。

 

世界システム論講義: ヨーロッパと近代世界 (ちくま学芸文庫)

よみやすい。マクニールの世界史銃・病原菌・鉄など世界史の大作の前に読んでもいいかもしれない。

 

科学が教える、子育て成功への道

バタくささがあり、アメリカの事例など興味深さはあるものの、実用にできるイメージが湧かず手が止まる。そのうちまた読み直すかも。

人の考えがわからない件

自分は本当に他人の立場に立って考えることが苦手で、 これは例えるならこういう状況に似ているんじゃないかと思った。

<?php $you = Somewhere::comeFrom();

$you->placedIn($situation);

echo $you->thought;
# ==> Fatal error: Cannot access protected property Human::$thought 

$you は実装を知らないオブジェクトで $situation によって状態が変化する。 その内部状態を予測するのに近い。

これは、何も知らないで予測するのは難しい、というかできないと思う。 少なくとも $you$situation の両方を知らなければいけない。

$you の代わりに $I でテストするとか、よく知られた実装を仮定する方法があるけど それは代替手段であって、内部にアクセスできるメソッドがあるならそれを使うのが 一番いい方法だと思うんだ。違うのかなあ。

<?php

echo $you->getThoughts();

ここしばらくで読んだ本メモ

自分本を読むのがそんなに好きではないのではないか、ということを最近思った。なぜなら全然読むのが進まないから。興味が持てない本ならまだしも、ある程度面白いと思うものも全然読む気にならないのだなー。なんでだろう。

 

 

FinTech入門

マネーフォワード社長の本。これはさくさく読めた。軽い。ざくざく読み飛ばしても
なんとなく意味がわかるし問題ない。

ぱいかじ南海作戦 (新潮文庫)

なんだか老いぼれた椎名誠がくだらない妄想してる図が浮かんでしまって残念な気持ちに。なんだろうなあ、見た目はあやしい探検隊なんだけど味が全然ちがうみたいな。

バッタを倒しにアフリカへ (光文社新書)

おもしろかった。こういう面白さ、狙ってやってるんだろうなーというのがブログを読むとわかる。面白くて公益性がある研究ってすごい。応援したくなったのでWebで読める文章にリンクしておこう。

d.hatena.ne.jp

president.jp

3人子持ち 働く母の モノを減らして 家事や家計をラクにする方法

嫁さんが借りてきたのを読んだ。ホコリが出にくそうという意味で洋服を集積する部屋作るのいいなと思ったが、実現できる気はしない。その他採用できそうなアイディア見つからず。

達人に学ぶDB設計 徹底指南書 初級者で終わりたくないあなたへ

Kindleで。読むのにめちゃ時間がかかった。あんま残った気もしない。

アンダースタンディング コンピュテーション ―単純な機械から不可能なプログラムまで

図書館で。読むのに時間がかかった。途中までコードを書いてて、終わらないなと思って諦めて読むだけにした。オートマトンとか計算理論の雰囲気がわかるのは良い。細かいことは必要になってから改めて買って読み返すのがよさそう。

ロボットの時代 〔決定版〕 アシモフのロボット傑作集 (ハヤカワ文庫 SF)

これよかった。短編は読みやすいという知見を得られた。あと内容がすんごくおもしろい。なので、これの先行作品たる「われはロボット 〔決定版〕」を読み始めたんだけどこっちはぜんぜん進まない。

 

長い文章がダメなのかもしれない。とすると、星新一ショートショートとかいいかもしれないな。

Google検索結果からゴミサイトをフィルタする小技

「キーワード site:co.jp」で検索する。これでco.jpドメインのサイトだけを検索対象にすると、ゴミのような広告目的のサイトを排除し、質の高いサイトを残せることが多い。

例えば今日、プロテインについて調べた結果。

前者の結果はノイズまみれだが、後者の結果からは、よく見る「SAVAS」という製品が明治製で定番らしいことが読み取れる。また5番目くらいに公式の選び方ページがヒットしており便利だ。

このほか医療関係のことは「site:go.jp」で政府公式のサイトに絞るなどの応用ができる。

久々に小技の効果を実感したのでメモ。