auientの日常

ノンジャンルで書きたいことを書くブログ

次男と未練

ファンタジスタの次男がもうすぐ小学生になる。

相変わらず彼は体を動かすのが好きで、公園に遊びに行こうとせがむことが増えた。今日はボールを持って出かけたのだが、強風で池にボールが落ちてしまいショックで泣いていた。(その後無事ボールは回収できた)

彼の最近のお気に入りはかくれんぼとボール遊びと肩車である。「お庭でかくれんぼができるおうちが欲しい」と無邪気に言う。保育園の送りと迎えは8割肩車を要求される。彼の肌はとてもきめ細やかでさわり心地がよく、特にふくらはぎは絶品だ。子供の肌は本当に世の中にあるもののうちで純粋に「よいもの」の1つだと思う。小学生になってしまえばこのように触れることも減っていくだろうと、名残惜しいような気持ちで肩車をしている。

彼は体を動かしたい人間なので、雨の日は家の中が騒がしくなる。集合住宅に住む身なので何度も注意するものの、一度言ってわかるような人間でないのもまた彼なのだ。騒音に疲れ何度も同じことを繰り返す不毛さにうんざりして、そしてまた私は実家のことを思い出している。

実家は都下にしては広い敷地に建っており、"体育館"と呼ばれる広いホールがあった。庭は道路に面しておらず2〜3軒の家が建てられるほど広く、木がたくさん生えていた。祖父母が死んで空き家になっていた家を、去年の夏に処分したのである。所有者は私以外の家族でこれに至るまで長い経緯を辿った末の話だった。

コロナ禍が日本/世界を襲う前から処分することが決まっていた家をなぜ思い出すのかといえば、それが次男と暮らすのにぴったりだったと今になって思うからだ。雨に日に体を動かしボール遊びもできるほどの体育館。おもちゃを出しっぱなしにしておける子供部屋。かくれんぼができる庭。全てあった。自分のものでなかったにせよ、何かやりようがあったのではないかという思いが捨てきれずにいて、それが今、非常にもどかしい。

土地を処分し家は壊されその上に他人の家が既に建った後なのである。捨てずに持っていてどうにもならないこの気持ち。コロナ禍が来るのがもし1年早かったら、などと考えてしまって本当にどうしようもない。どうしようもない気持ちをここに書き留めておく。

元から自分のものではなかった。祖父母が建てた家はお金にかわり祖父母の子供のために使われる。それが筋である。しかし、自分が幼い頃を過ごした家と今の次男が必要としている家が重なり、それが目の前で失われてしまったことに、なんともいえない喪失感を抱いている。

願わくば、ここに書いたことを区切りとして、私の未練を断ち切れますように。

 

auient.hatenablog.com

【読書】眠れなくなる宇宙の話ほか

最近の読書傾向、漫画・物語・ビジネスもの・歴史もの・純文・技術とほんとにバリエーション豊富。良いことのような気がする。知らんけど。

 

眠れなくなる宇宙のはなし

メルカリで購入。さらりと読めた。眠れなくなる → 寿司 虚空編みたいな訳の分からない遠大な話……かと思いきや全然違って、細かいところは適度に省略したエッセイのようだった。眠れるぞこれ。続刊も同時購入してたのでとりあえず手元で保留。

 

【電子版】雰囲気でOAuth2.0を使っているエンジニアがOAuth2.0を整理して、手を動かしながら学べる本 - Auth屋 - BOOTH

どこかで電子版を買ってたのを発掘。手取り足取りでスッと読めた。curlコマンド使ったハンズオンになってるところがよい。より短い時間である程度の理解を得るのだとこのスライドの方がおすすめ。

 

日蝕

純文好きの友人のすすめ。新鮮だった。乗ってくるまでちょっと時間と体力がいる感じ。重厚な文体が本体なんだろうか。こういう世界があるんだなーという物珍しさの心が強い。

 

ターン

こちらも友人のすすめで。語り手が物語の筋に絡んでくる描写が妙。細部が似た他の作品を思い浮かべつつ読んだ(でもこれがその中では最も古いものだった)。何にでも有名作品を結びつけて語るのってエヴァ厨みたいで恥ずかしいですね。Wikipediaによれば3部作の1つらしいので、いつか通して読み直すかも。

 

徹底攻略 AWS認定 ソリューションアーキテクト − アソシエイト教科書

資格を取ろうと思って新品購入。やる気がなくなり挫折、いつか使う。本棚の肥やしに。

 

おろしや国酔夢譚 (文春文庫)

メルカリで購入。最高に面白かった。題の酔夢とは宮殿の話でもありロシア自体のことでもあるんだなあ。自分が歴史小説に弱いのは(脚色されてるとはいえ)その話が事実だという重みと迫力なんだと再認識した。

最後の方は作者の日本批判とも取れる描写が鼻につく。Wikipediaによれば、作品出版後に光太夫が帰郷できたことを示す資料が見つかったらしいが、作者は作品を改定しなかったとある。歴史小説に作者の主観と願望が入り込むことと、史実の光太夫がトゥルーエンド(?)を迎えていたことを示すので、本当に最後まで最高。蔵書入り。

 

シベリア追跡 (集英社文庫)

椎名誠が大黒屋光太夫の足跡を追うというのでおろしや国と合わせてメルカリで購入。本編(おろしや国酔夢譚)の直後に読んだら文体と内容が軽すぎて乗り物酔いしたようだった。椎名誠の旅ものってこんなんだったなあ。そしてソ連。これの映像版『TBSテレビ開局30周年記念特別番組「シベリア大紀行・おろしや国酔夢譚の世界をゆく」』が見たい。

 

その仕事、全部やめてみよう――1%の本質をつかむ「シンプルな考え方」

Kindleで風呂で読むように。小野さんファンなのでどこかで聞いた話が多い。正直期待したほどではなかったかなー、この人はやはり生で喋ってる時が魅力的だと思う。

 

地名の楽しみ (ちくまプリマー新書)

これも風呂Kindleに。雑学の寄せ集めで体系さを欠くように感じられた。でも「〜池」という地名は地震のとき危ない、みたいな雑な知識を振りまいてるやつにマウントを取れるようになる意味ではよい。

 

絶対可憐チルドレン

〜40巻まで電子が無料だったので一気読み。高校生になっちゃった(昔中学生になったくらいのとこで単行本は諦めていた)。週刊連載のものは本筋に関係ないコマ・話が多いのでまとめて読めるとやっぱいいわー。GS美神が8年で39巻まで、こちらは15年で60巻まで出てる。長いわ。ケータイがスマホになるわそりゃ。

面白いのだけど、絶対進入/脱出できないはずの施設に出入りしたり、子供になったり大人になったりetc etcが全部「超能力」でアリにされてしまうあたりにご都合主義を感じてしまう。あと女子オタを取り込みにいってるせいなのか知らんけど自分からするともうエロを感じなくなってる。でもなー、完結して愛蔵版が出たら買うかなー。迷うな。

 

ダンジョン飯 10巻 (HARTA COMIX)

ダンジョン飯 ワールドガイド 冒険者バイブル (HARTA COMIX)

Amazonで物理本予約購入。絶チルの週刊連載の濃度に慣らされてからこちらを読むと濃ゆさがたまらないのですよ。1コマ1コマに意味がある感じ、練られたギャグ。本筋。これはもう薬物みたいなもんだね。EXILEなウサギの絵、作者がどんな顔して描いてるのか分からん。本当にありがとうございます。

 

【読書】マンガいろいろ

前にまとめたエントリでマンガを入れ忘れてしまった。色々読んでたのでマンガに絞って感想メモする。

 

リウーを待ちながら

「この本がすごい」的な何かで書評があって、気になってメルカリ購入。おもしろかった。この世間の状況下での想像力を少し広げてくれる。蔵書入り。

 

インハンド

「リウーを待ちながら」が面白かったので同じ作者の作品をおかわりした。こちらは打って変わってサスペンスというか青年誌っぽい話の作り。作者の話を見ると、キャラクターは別作品の脇役だったとか。そっちも気になりつつ、続刊には手を出さないでしばらく寝かしてある。保留。

 

ダンピアのおいしい冒険

これははてブでレビューを見かけたんだっけ。歴史もので気になって購入、おもしろかった。ダンジョン飯成功以後のメシ漫画の氾濫にはウンザリなので、こういうメシ以外に筋の通ったヒット作が出てほしい。蔵書入り。

 

戦争は女の顔をしていない

富野監督ベタ褒めという噂を聞いて購入。おもしろかった。エロ漫画の人が描いてるので絵がかわいいのはそうなんだけど、それでいて生々しさがある。漫画の1話に収めるために構成を工夫してるのか、話の流れがちょっと掴みにくいところがあるかな。それも味のうちだけど。蔵書入り。

 

はじめの一歩

正月に電子書籍の読み放題があり、60巻551話まで読んだ。おもしろい。前に読んだときは展開が遅すぎて見てられなかったのだが、まとめ読みすると人物関係や情勢がわかる。ただ分量はあるので時間はかかるね。今は120巻まで出てるとは…

これ読んだ後にボクシング動画をみると、漫画的な誇張表現がどういうふうにできてるかわかる。購入はせず。

 

進撃の巨人(33) (週刊少年マガジンコミックス)

これとはたらく細胞シリーズだけはAppleiBooksで買っている。救いがないなーと思いながら読んでいたけど救いがないままここまでくるとは。今年春に出るという最終巻のオチが楽しみ。

 

ゆるキャン△ 11巻 (まんがタイムKRコミックス)

1〜8巻を買って以降続刊も購入している。でもこの巻はあんまりキャンプ成分なかった。昔カブ乗ってたからツーリングは分かるんだけど、実質大井川観光漫画だよね。次巻に期待。

 

大砲とスタンプ(1) (モーニングコミックス)

はてブTwitterで見かけてKindle無料試し読みで1〜2巻を読んだ。後から気づいたけど作者、「戦争は女の顔をしていない」の解説書いてた人じゃないか。細かい書き込みが宮崎駿のなんかを思わせる。戦争のモデルは第一次大戦だけど技術レベルetcは細かいこと無視して面白さに全振りしており、兵站なんちゃらというより実質ファンタジーだなと思った。こういう「歴史っぽいけど完全創作で史実とは関係ない」という話の楽しみ方が分からなくなってしまった。おもしろいんですけどね。買うなら物理本だなと思って保留中。(この点ダンピアはいいんですよ)

2020年のまとめ

去年かいたまとめが個人的にいい感じだったので今年も書くことにした。

 

読書

ざっとタイトル数えると20弱。ラノベ30数冊、漫画を勘定に入れれば60冊にはなるかな。本っぽい本は少ない年だった。

身近に本の話をする友人ができて、今までにない新しい情報/ジャンルを得られるようになったのは嬉しかった。

株式

コロナで混乱する前にプリマハム[2281]を売っていて、そのままどこも買わず。コロナ下で株がどう動くか素人には全然分からなかったのでベタ降りした。

2020/12現在は株高らしいけど、実体経済と乖離した動きをするのって変じゃないですかね。これが将来の日本にどんな影響を与えるのか見ておこうと思います。

ガジェット

  • 望遠ズームレンズ EF-S55-250mm F4-5.6 IS STM
  • 広角単焦点レンズ EF-S24mm F2.8 STM
  • スコープテック 天体望遠鏡 ラプトル50
  • スコープテック 星座望遠鏡 双眼鏡セット

出かけられないせいか光学系に興味が出た。都会でも星が見られるのだ。

育児

読み聞かせ(+録音再生)がすっかり定着した。子供は体を動かしたりないのか格闘技を始めた。子供に付き合って公園で遊ぶことがとても増えた結果、近所の子供たちと知り合うなどしており、これは今年最も楽しかったことの1つだ。

在宅勤務との兼ね合いで夕食を作る当番になったので、料理を作る機会がとても増えた。メニューのバリエーションはやや増え、とにかく量をこなしたので作り慣れた感がある。混ぜるだけのたらこパスタや湯豆腐などの手抜きでかつ家族の評判がいい料理を探求する日が続く。

健康

とても悪かった。コロナとは無関係に調子を崩して仕事を休むことがあった。補中益気湯が自分の体には合っているようだ。ゲップ・胃液逆流は相変わらずで、むしろ出ている状態に安定してきた。日常生活に支障が出ていないのはありがたいが、この状態とこの先付き合って生きていくんだろうなあという予感がある。

運動

ジムはコロナで断念し、リングフィットアドベンチャーは続いていない。コロナで完全在宅勤務が始まって通勤もなくなったので過去例のない運動不足状態に陥っている。子供の格闘技に付き合うついでにちょっと体を動かしている程度。体重は65kgに増えた。

趣味

音楽活動はコロナで完全に停止した。

山小屋の片付けもやりたかったが、結局1度も行けないまま年を終えた。運び込む予定だった漫画が家に溜まっている。自分一人で移動する分にはリスクがそれほど高いと思えないが、普段慣れない車の運転で交通事故を起こす、怪我をしてコロナで満員の病院に入れない、というリスクの方が高い。とはいえ、来年はほどほどのリスクを取りつつ趣味活動の再開を期したいところだ。

上記のほか写真、天体観測を始めた。写真の整理方法に悩んでいる。

喫茶

紅茶の記録を始めたものの続いていない。実はこの後コーヒーにどハマりしており、毎朝必ずハンドドリップの1杯を飲むようになっている。コーヒーは紅茶ほど尿が近くならず、うまく淹れられた時のコクにすっかり夢中になっている。コーヒー豆も味や銘柄を記録しておきたいのだが、探してたどり着いたおいしいコーヒー豆は地域性があり、つまり地元の店が分かってしまうのであり、書きにくいのだな。この問題はなんとも悩ましく、今年このブログの投稿数が減った一因である。

仕事

チームでのポジションが変わって1年、出だしから体調を崩しており低稼働であった。完全在宅勤務には対応できているが、仕事での実績も、また技術的進捗もほぼなし。技術者としては死んでいるに近い。いや「死んでいないだけ」というか……。

状況を打開したい気持ちがあるが手を打ちあぐねている。元旦に一年の計を立てるべし。

----

2020年を1時間残して。

【読書】2020年後半に読んだ本たち

1年のふりかえりを書きたいなあと思っていたら大晦日になってしまった。まずは本から。

 

Engineers in VOYAGE ― 事業をエンジニアリングする技術者たち

話題になってたので電子で読んだ。「事業」という切り口が良かった。チームの雰囲気や具体的なtipsもあり、voyageグループのブランディングとして成功してると思うけれど、肝心の事業がアレ。ゲーム攻略サイト事業とか誰のための何なのか分からん。自分はこの会社に行くことはないだろうな。

 

ドメイン駆動設計入門 ボトムアップでわかる! ドメイン駆動設計の基本

こちらも電子で。よく噛み砕かれており、いささか噛み砕きすぎなのでは感もあったけど、芯は残った。同じ人でphpconの発表をしてるのを見るとより深くわかる。

speakerdeck.com

 

愛蔵版 モモ

子供への読み聞かせとして物理中古本を。昔親に勧められたけど読まなかったやつ。読んで、親が勧めたくなる気持ちもわかりつつ、子供一人で読むのはあんまり想像できなかったので読み聞かせでよかった。自分の想像より近代の話だった。蔵書入り。

 

春琴抄 (角川文庫)

人に勧められて物理中古本を購入。純文学って全然知覚外で食指伸びなかったのですがここにきて谷崎を初読。セカイ系かなと思ったけどセカイ関係なかった。狭くて濃密な人間関係で話が完結するところに通じるものを感じたのかも。文体が独特なので、谷崎潤一郎ってそういうものかと思いきやこれが特殊らしい。人物が回り始めるまでは読むのに体力がいった。いつか子供が手に取るかも枠で蔵書入り。薄いしね。

 

小説 言の葉の庭

久々に映像見た後で物理本買いなおして読み直し。新海作品の通奏低音は「後悔」なんだなと気づくなど。まあ大部分は青臭さなわけですが。前に読んだメモをリンクしておこう。

 

読書量はかなり減ってしまったな、という1年でした。

【読書】2020年前半に読んだ本たち

久しぶりの読書メモ。暑いですね。

 

長くつ下のピッピ (岩波少年文庫 (014)) シリーズ

親から贈ってもらった。夜、子供たちの寝かしつけに読んだら大層好評だったので続刊も購入。何回も音読をせがまれるため録音して再生可能にするに至った。1話が大体25分、長いと40分かかるのでかなりの労力を節減できている。セリフの発言者を地の文で都度書く、1話で分かりやすく話を切る点などが子供への読み聞かせに大変向いている。小学校低学年くらいのお子さんへの音読に是非おすすめ。

 

ライオンと魔女―ナルニア国ものがたり〈1〉 (岩波少年文庫) シリーズ

ピッピの次の寝かしつけ本として購入、でもこちらはピッピほど音読に向かなかった。子供が興味持たなかったし、3巻ラストで精神世界になってしまったのに自分が辟易してしまっていったん読むのやめ。あと解説で全巻のネタバレしてるのなんなんでしょうね。いつか読み返すかもしれないので本棚に入れてある。

 

小児科医のぼくが伝えたい 最高の子育て

コロナ期の育児に悩みkindleで購入。だいたい遺伝のせい、という主張(乱暴)。強く読み進める気になれず途中で放置。もし物理本を買ってたら売り飛ばしてる。

 

Clean Architecture 達人に学ぶソフトウェアの構造と設計 (アスキードワンゴ)

お仕事で話題になって読んだ。今思い出せることは何もない……ということは印象薄かったんだな。なんとなく分かったような感覚だけ残ってる。必要になったら読み返そう。

 

人間たちの話 (ハヤカワ文庫JA)

横浜駅SFでおなじみ柞刈先生の本。雪椎名とラーメンの話が面白かった。あと「超監視社会」、割と現実の中国がSFに近づいてるなと思うなど。

中国の若者から見た香港、ウイグル、日本、台湾、政治、民主化について

「監視国家と中国共産党について」たのしい超監視社会(柞刈湯葉)みを感じる

2020/08/12 19:46

b.hatena.ne.jp

 

感染症医が教える性の話 (ちくまプリマー新書)

kindleで安くなってて購入。コロナ騒動で知った岩田健太郎医師の本。予想外に軽快な語り口で驚いた。中高生むきなのかな。岩田先生がこんなエモい人だとは知らなかった。

 

性風俗のいびつな現場 (ちくま新書)

これもkindleで安くなってて購入。風俗と福祉の本。岩田医師のエモさ抜群の本の後で読むと「これが極北か」という思いがする。社会は広いんだなあ。上記の本と合わせて読むのをオススメしたい。

 

コーヒーの科学 「おいしさ」はどこで生まれるのか (ブルーバックス)

紅茶からにわかにコーヒー派になったのはここ数ヶ月の間である。豆を挽いてハンドドリップする毎日、コーヒーについて知りたくなってコロナ解禁後の図書館で借りてきた。実に科学的で整理されておりとても良い本。コーヒーの文化的政治的側面をスッパリ切り落としていてシャープな仕上がり。返しちゃったけど買ってもいいくらい。作者のwebsiteはコーヒー好きの間では有名だとか。

https://sites.google.com/site/coffeetambe/

 

コンビニコーヒーは、なぜ高級ホテルより美味いのか (ポプラ新書)

図書館で借りたコーヒー本その2。「コーヒーの科学」の対極をいく本。主観的、情緒的、根拠ナシ。業界disもあって落差がひどい。突撃型の現場の人が書くとこうなるんだなあと思いつつ一応読みきった。作者の淹れた最高の一杯というのは(物の試しに)一度飲んでみたい気もするが、本はもう一度読みたくない。この本自体がまずいコーヒーのようだ。

 

四畳半タイムマシンブルース (角川書店単行本)

はてなー作家でおなじみ、森見登美彦先生の新刊。売れてるらしい。期待して買って一晩で読み切ってしまったが、うーん、今一つであった。脚本が上田誠氏のもので、それをリライトしてるらしいが、しっくりハマってない気がする。四畳半の世界観に「タイムマシーン」という装置があからさまに浮いているし、腐れ大学生モノの精神というべきドロドロとした怨念が足りない。本が汚れないうちに売却するであろう。

 

他にラノベをかなりの数読んでいるが、そちらは別の場所に感想を書いているのでここには書かない。